進学サポート

iグローバル部の進学

3年間、一人ひとりの実力を、
カンファレンス(学習指導会議)と進路カウンセリングを通じて徹底サポート。
充分なバックアップ体制で、国公立・難関私立大学・海外大学への現役合格を目指します。

一人ひとりの学びに向けた「カンファレンス」

学習カウンセリング(担任面談)を定期的に実施し、最適な学習づくりを徹底的にサポートします。

また、事前にクラス担任と教科担当の教員で、生徒一人ひとりの学習状況や成績推移、進路目標などに基づきカンファレンス(学習指導会議)で、個々の強み・弱みを発見し、コーチングポイントを明確にしていきます。

進学説明会・個人面談

学年毎に進学説明会を定期的に開催し、入試に向けた準備の進め方などを具体的に指導します。

また、個人面談もあわせて定期的に実施し、志望校合格まで段階的にサポートします。

学校別・分野別大学説明会

毎年多くの大学に来校いただき、1学期には学校別の大学説明会、2学期には分野別の大学説明会を開催。各大学の方々から直接話を聞くことで、なりたい自分をイメージすることができます。目標とする大学のキャンパスを見学したり、大学教授のセミナーに参加したりなど、希望する進路の具体的なイメージを固めます。

多様な入試に対応した「特別講習」「事後課題」

  • 事後課題
    期末試験終了後は実力を養成する特別講習を実施します。思考力・論述問題にも挑戦し、事後課題により学習内容の定着・発展を促進します。
  • 特別講習
    大学入試に必要な範囲を早く終わらせるため、先取り授業を行います。大学受験の全範囲が終わり次第、過去問対策等の時間に入る流れになっています。最新の入試傾向を分析し、近年注目を集めている思考力問題、論述問題などにもチャレンジ。講習後は事後課題を配布して、学んだことの定着・発展を促進。大学合格に向けさらに一歩進みます。

学力を積み上げる「定期試験・模擬試験・検定」

年間を通じて継続的に勉強するため、着実に力がつきます。模擬試験では、事前・事後学習と合わせて効率的に学力が向上する仕組みを構築しています。