社会との連携

社会と連携した取り組み

社会で信頼され、役立つ女性」を育てるための学校として生まれた学校法人 高木学園では、生徒が社会の多様な方々から学び、高校生の頃から社会に貢献する経験を大切にしています。

本校生徒が、社会の様々な企業・団体の皆様と連携した取り組みを、ご紹介します。

 

共同商品開発

崎陽軒様とのお弁当共同開発百々~もも~(2009年3月)

シウマイで有名な横浜の崎陽軒さんと本学園の生徒たちが、お弁当の共同開発をさせて頂きました。その名前も「百々~もも」。崎陽軒さんと本学園が、ともに創立100周年の年に共同開発をさせて頂いたことから、この名前になりました。

シウマイ弁当のイメージの強い崎陽軒さんからの、(ピンクの懸け紙の)女性らしいお弁当発売は、ご好評をいただき、当初の発売期間を延長して販売していただくことになりました。

 

株式会社 文運堂様と文具(ノート)の共同開発 「SPICA」(2011年)

女子高生が毎日使用する「ノート」。若い女性に魅力的なノートとは、どのようなデザインや機能が大切なのか、本校生徒と株式会社 文運堂さんが共同で新しいノート「SPICA」を開発させて頂きました。完成したノートは、横浜ロフト様で販売頂いたり、東日本大震災の被災地に寄贈させて頂いたりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有限会社ジャイロ様とパッケージ共同デザイン横濱かりんとう(2012年)

地元横浜のイメージを、かりんとうパッケージに表現したいという有限会社ジャイロ様のニーズをうかがい、本校生徒がパッケージ(包装紙)デザインのご提案をさせて頂きました。

 

森永乳業様とアイスクリーム新フレーバー共同開発チェリオときめきシリーズ(パンプキン、ベリー)(2013年10月、12月)

森永乳業さんのロングセラー商品「チェリオ」から、新しく若い女性をターゲットとした「ときめきシリーズ」(2商品、”ときめきパンプキン”、”ときめきベリー”)を共同開発させて頂きました。全国のコンビニ、スーパーなどで販売していただき、大ヒット商品となりました。

 

株式会社 キングジム様と切れてるマスキングテープ共同開発KITTA(2016年~)

キングファイルやテプラなどを販売されている文具メーカーの株式会社キングジムさんと本校生徒たちが、若い女性の「こんなものがあったら良かった!」という新商品開発に取り組みました。

ロール状で使いきることが少ない、持ち運びがかさばる”マスキングテープ”を、もともと切れている状態にした「KITTA」という商品を共同開発。

2016年の発売以降、現在もなおヒットを続けるミリオンセラーに成長しました。

 

2016年6月の発売時点で、12種類のKITTAを発売しました。

 

マッチのケースのようなパッケージにマスキングテープが収納されているユニークさを、お客様に評価して頂きました。

企業などの課題に挑戦

キリンビバレッジ様からの「課題」に挑戦 (2019~2020年)

「キリンビバレッジさんのロングセラー清涼飲料水を、もっと多くの若い人に飲んでもらうために、どうすればよいか、商品のプロモーション案を考えてください」

このような課題を頂き、生徒たちが清涼飲料水のプロモーション案を企画~提案させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

ビジネスの現場で活躍されている方から学ぶ

現役ビジネスパーソンから学ぶ「グローバルプレゼンテーション講座」(2019年度~)

iグローバル部の生徒が、グローバルなビジネスの第一線でご活躍の方から、日本語だけでなく英語でも効果的なプレゼンテーションを行うポイントを学んでいます。

講師を務めてくださっているのは、日本マイクロソフト株式会社にご勤務の、バイリンガルのビジネスパーソンです。

現役ビジネスパーソンから学ぶ「マーケティング」(2013年度~)

キャリア部ビジネスデザインコースの生徒たちは、リクルートやローソンでヒット商品・サービスを連続して企画されてきたマーケターの方から、「ヒット商品・企画の作り方」「アイデアの出し方」「人の心をゆらすPR方法」などマーケティングの極意を教えていただきます。