fbpx

STEAM教育

STEAM教育

世界が求める「STEAM女子」を育成

iグローバル部では、人生の可能性を広げる進路サポートの一環として、近年注目されているSTEAM教育を行います。それは「Science(科学)」「Technology(技術)」「Engineering(工学)」「Art(芸術・創造力)」「Mathematics(数学)」の頭文字を取った教育分野の総称。ICT化が進むビジネスの現場やAIを活用する社会で活躍できる、論理的思考力を持つ人材を育成する授業が、カリキュラムに組み込まれています。

「数学・理科教育」に時間数を重点的に配分

英理iグローバル部のカリキュラムでは数学・理科教育に時間数を重点的に配分しています。特に数学については3年生まで全員が履修し、論理的思考力を十分に育成していきます。このことは文系科目(国語や地歴・公民など)の分野の課題に対しても論理的にアプローチすることに役立ちます。また、大学入試で思考力を問われる問題への解答力向上にもつながります。

「わたしWebサイト」を作成して世界に発信

Webメディアで自ら情報発信することが当たり前の時代です。英理iグローバル部では、W e bサイト構築用のJavaScriptやCSSなどの言語を学んで、自分のWebサイトを作成します。情報の科学の授業では、コンピュータのしくみ、やネットワークの仕組み、アルゴリズム、IT&AIについても学びます。そしてEIRI GLOBAL STEAM タイムでの活動の成果を、“わたしW e bサイト”を通じて、世界に発信します。

AI活用に役立つ「プログラミング」を実践

これからの情報化社会、特にAI時代においては、文系理系に関わらずA Iの基本的な概念や知識が必須です。2年生で学ぶ数理探究(学校設定教科)では、これらの分野で欠かせない数学の統計、行列、微積分を学んだ上で、AI活用のために役立つと言われるPython等の言語にもチャレンジしていきます。さらにここで学んだスキルを社会に繋げるために、ICTを活用した地域貢献あるいは課題解決にも取り組み、社会に発信していきます。

「アプリ」や「ロボット・ドローン」の制作(希望者)

STEAM教育で習得した知識、スキルは、授業外のさまざまな活動へ発展させることができます。スマートフォンの新しいアプリ制作を行ったり、プログラミングを使いロボットやドローンを動作させることなどにより、社会に役に立つものを作成するなどの社会貢献活動にもつなげます。英理iグローバル部は創造~・表現の場でもあります。また科学オリンピックなどへも積極的に参加します。

大学や企業との「協働プロジェクト」に参加(希望者)

希望者には情報教育において最先端である東洋大学情報連携学部などの大学や、企業などと連携した協働プロジェクトに参加することができます。実際に学んだことを社会に貢献するためにどのように活かせるか。高校生で、社会に実力を問うことのできる経験ができます。このような体験を行うことでアントレプレナーシップなども育成します。
※アントレプレナーシップとは、企業家精神、または起業家精神を意味します。

copyright © YOKOHAMA EIRI GIRLS’ HIGH SCHOOL All Rights Reserved.