fbpx

iグローバル部

生徒だけで行う40分の”Peace Education”英語授業(Stanford e-Eiri)

投稿日2021/10/2

今日はStanford e-Eiriの2回目を開催しました。

1回目はオリエンテーションでしたので、今日から本格的な講座のスタートです。今日からは生徒の担当グループが「40分間、英語で(SDGsの中で自分たちが関心を持っているテーマについて)授業を行う」スタイルで進行します。

今日担当になった生徒たちはSDGs16番の“Peace Education“についての授業を行いました。

実はこの授業の本番前に

ー どのような資料・流れで授業を行うかを考える

ー その内容をStanfordの先生と事前にオンラインで相談する

ー クラスの仲間にAssignmentを出す

ー クラスの生徒たちは、そのAssignmentを見たり・読んだりして意見を事前にオンラインディスカッションボードに投稿する

ということを行う、というプロセスをへていました。

そして迎えた本番です。

 

 

今年度、最初に授業のFacilitationを担当するということで、緊張もしたでしょうし、具体的なイメージも掴みにくかったと思いましたが、

 

 

 

 

 

生徒たちがディスカッションしたり、クイズに参加したり、発言するなどのアクティビティをたくさん取り入れて、英語での授業を行なってくれました。

本当に頑張ったと思います!

 

 

 

 

アメリカ型の授業で、生徒たちも考えたことをしっかり発言が求められるスタイルですので、生徒たちの中にはまだまだ緊張して発言を思い止まってしまうこともあるかと思いますが、

Everyone has equal weight.

We celebrate the differences.

We embrace our mistakes.

というStanford e-Eiriのルールに則って、これからも自由に、失敗を恐れずチャレンジして行きましょう!

Good job everyone!

copyright © YOKOHAMA EIRI GIRLS’ HIGH SCHOOL All Rights Reserved.