fbpx

iグローバル部

2020年6月30日にまたここで会おう

投稿日2020/6/30

2020年6月30日です。

今日はみなさんに一冊の本を紹介したいと思います。

 

 

瀧本哲史さんという方の『2020年6月30日にまたここで会おう』(星海社)という本です。

この本は、2012年6月30日に、著者である瀧本哲史さんが東京大学伊藤謝恩ホールで行った講義録です。29歳以下の若い世代300人に向けて、自ら人生を切りひらいて生きること、世の中を変えることについてのメッセージを送られました。

講義の最後に、

「今日から8年経つまでに、何らかの事を成し遂げて、同じ場所でまた皆集いましょう!」

とのメッセージを残されたのですが、瀧本さんご自身が昨年夏に47歳という若さでお亡くなりになりました。

 

 

 

今日、2020年6月30日に、ご本人がこの世にいらっしゃらないのがとても残念なのですが、そんな今日、ぜひ今後の社会を担っていくみなさんにこの本の紹介をしたいと思いました。

瀧本さんの言葉の中で私の心に残っている2フレーズをご紹介します。少しでも「!」と感じられた方は、ぜひこの本手にとってみてください。

“自ら明かりを燈せ。他の誰かがつけてくれた明かりに従って進むのではなく、自らが明かりになれ”

“世の中が変わるかどうかっていうのは、若者であるみなさんとみなさんに続く世代が、これからどういう選択をするか、どういう「学派」をつくっていくか、で決まるんですよ”


copyright © YOKOHAMA EIRI GIRLS’ HIGH SCHOOL All Rights Reserved.