fbpx

iグローバル部

結局は人との出会い

投稿日2019/10/8

私が学校での仕事を始めるようになってから(本学園が100周年の際に、本校でファッションショーを開催して頂きました)ご縁を頂いているファッションデザイナー・コシノジュンコ先生の対談を聞きにうかがってきました。

今回の対談は、コシノ先生と、資生堂の広告を長年ともに創られたアートディレクターの天野幾雄先生お二人のお話でした。

今からもう45年近くも前に天野先生がアートディレクション、コシノ先生が衣装デザインされた広告。(古さを感じないばかりか、今こうしてみてもスタイリッシュなビジュアルです。)

対談の中で、コシノ先生がおっしゃっていました。

「結局、何をするにも”人”としますよね。こうして天野さんという素晴らしいアートディレクターと出会えたから、こういう斬新な広告を創ることができた。結局”人との出会い”がすべてだな、って思います。さまざまな”人”と出会うことがクリエイティブで、人生の宝物。新たな出会いから何かが生まれていくと思うのです。」

 

iグローバル部では多様な社会で生きていくこと、そこで貢献できる女性になることを目標にしています。そのためには、どんな人との出会いも大切に、そこから生まれる新しい何かに常にオープンでいて欲しいなと、コシノ先生の話をうかがって改めて感じたのでした。


copyright © YOKOHAMA EIRI GIRLS’ HIGH SCHOOL All Rights Reserved.